スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
| |
第2回学習会
第2回 北摂「障がい」のある子どもの高校進学を考える学習会

地域の小・中学校でともに学び、ともに育ち合ってくると、友だちといっしょに高校へ行きたいと思うようになり、30年ほど前から高校受験の取り組みが始まりました。はじめは、受験することすら拒否されたこともありましたが、さまざまな配慮事項を獲得し、今では3000人ほどの「障がい」のある生徒が高校で学んでいます。
しかし、点数を取ることの困難な「知的障がい」生徒にとっては「定員割れの時は落とさないで」と訴えるしか高校進学することができないのが現状です。「自立支援推進校」や「共生推進モデル校」が実施されましたが、一般受験以上の高倍率で課題はいっぱいあります。
目の不自由な生徒には点字受験が、体の不自由な生徒には代読・代筆が認められているように、点数を取ることが困難な生徒には問題の差し替えや面接加点などの工夫と配慮をというような新しい方法を考えていかなくては、定員割れを待っていてもらちがあきません。
第2回の学習会は、一般受験での高校進学についていっしょに考えていきたいと思います。


日時:2007年12月15日(土)午後2時〜4時     
場所:日之出人権文化センター  
06−6321−3816
    大阪市東淀川区西淡路1−8−5
    (地下鉄御堂筋線「新大阪」下車東へ徒歩10分
     JR東海道線「新大阪」下車東へ徒歩5分)
参加費:200円(会場代・資料代)
内容:「一般受験の話を聞こう!!」 
☆一般受験を考えている中学3年生と保護者から
   ☆一般受験で高校入学した生徒と保護者から
   ☆一般受験で入学を受け入れた府立高校の教師から
主催:「障がい」のある子どもの教育を考える北摂連絡会

連絡先:鈴木 090−9166−5575
                 詫間 090−1712−7990 
     後援 大阪府教育委員会・北摂7市3町教育委員会(依頼申請中)  
| 学習会の報告 |
スポンサーサイト
| - |
Comment








Trackback